シャモ研究会

シャモ研究会

理事長挨拶

企業組合ごめんシャモ研究会
理事長 立花智幸
私たちの住む南国市は、豊かな森林資源や広大な田畑に恵まれ、古くから林業や農業が盛んで漁業も行なわれてきました。

また、高知龍馬空港や特急電車の止まる「JRごめん駅」、そして高速道路の南国ICなどがあり、交通の要衝ともなっています。一方、紀貫之や長宗我部元親の居城跡など歴史的資源にも恵まれた地域でもあります。

2008年に、「南国市を元気にしたい」「子供たちに誇れる街にしたい!」との思いで市内の有志6名が集まり活動をスタートしました。

皆でいろいろアイデアを出し合っているうちに、「誇るべき歴史」と全国トップレベルの日照時間で育った「豊かな野菜」を組み合わせることによって、南国市の元気を創造していってはという意見が出たのです。

「歴史」と「食べ物」というキーワードに合致する物として、坂本龍馬が非業の死を遂げた晩に、中岡慎太郎と食べるべく用意をさせていたが食べることができなかった「シャモ鍋」に注目しました。

坂本家先祖の墓がある南国市才谷地区では、以前から龍馬の命日に「シャモ鍋」をつくり供養してきた歴史もありました。龍馬の好物で最期の晩に食べ損ねた「シャモ」と、「南国市産の野菜」で「シャモ鍋」を坂本家発祥の地才谷がある南国市でたくさんの皆さんに食べてもらうようにしよう。「よし、これで南国市を元気にしよう」ということで、2009年7月に『ごめんシャモ研究会』を発足させたのです。

しかしながら、シャモの飼育は一般の鶏に比べ非常に手間暇が掛かることもあって、シャモ肉は、一般的に流通していませんでした。そのため、シャモを飼育することから始めなければなりませんでした。

高知県では、昔から庭先で鶏を飼っている文化がありました。そこで、「昔の土佐の風景を取り戻そう」と、まず南国市内の農家に協力してもらって平飼いでシャモの飼育を始め、シャモの餌にも農家から出る野菜屑や、飼料米などを配合し、『農家の庭先から始まる生産の循環システム』を目指し生産を開始しました。

地元で育てたシャモと地元で取れた野菜をふんだんに使った「シャモ鍋」は各種イベントで高評価を得、2010年1月には埼玉県和光市で開かれた「第六回 彩の国全国鍋合戦」に初出場し、みごとに初優勝を勝ち取ったのです。このことで、「シャモ鍋」の名は県内外に広く周知することができました。

また、現在、南国市内の飲食店19店舗の協力をいただき『シャモ鍋社中』を結成し、南国市に来ればシャモ鍋・シャモ料理が食べられるような事業展開を行ってきました。その後、高知市や東京でのシャモ料理を提供してくれるお店も徐々に増えてきております。高知県といえば「カツオだけではなく、シャモもあるね。」と、観光客の皆様に思って頂けるようにすることが私たちの目標です。

全国の皆様、私たちがこだわって育てた『ごめんケンカシャモ』をつかったシャモ料理を食べに、土佐の高知の「南国市」へ遊びに来てください。「待ちゆうぜよ!」

組合概要

名称 企業組合ごめんシャモ研究会
代表者 代表理事 立花 智幸
担当者 事務局 野村 侑加
住所 〒783-0011 高知県南国市後免町2丁目3番地13号
電話 088-855-7418
FAX 088-855-7419
E-mail syamoken@pearl.ocn.ne.jp
設立 平成24年4月(グループ結成は平成21年7月)
資本金 200万円
事業内容 (1)シャモの飼育並びにシャモ肉の販売
(2)シャモ加工品の製造・販売
主要取引銀行 高知銀行 後免支店
加盟団体 南国市商工会 高知県中小企業団体中央会
商品代金(価格帯) 3,800円~5,000円
申込みの有効期限 注文後、1週間
不良品 良品と交換
商品代金以外の必要料金 消費税、送料、代引手数料、振込手数料
お支払い方法 銀行振込、商品代引き
送料 クロネコメール便(クール)料金表による
商品代引き手数料 お客様負担にて運送業者にお支払い下さい
その他手数料 振り込み手数料及び返品時の送料・返金手数料はお客様負担になります
銀行振込先 ご購入後、ご連絡

事業紹介

活動について

 私たちの住む南国市は、豊かな森林資源や広大な田園に恵まれ水量も豊富で、古くから林業や農業が盛んで、漁業も行なわれてきています。

 また、高知県の空の玄関、高知龍馬空港や鉄道、高速道路など、交通の要衝ともなっています。一方、紀貫之や長宗我部元親の居城跡など歴史的資源にも恵まれた地域です。
坂本龍馬
紀ノ貫之
長宗我部元親
坂本龍馬
紀ノ貫之
長宗我部元親
 2008年に、「南国市を元気にしたい」「子供たちに誇れる街にしたい!」との思いから「何かできることはないか」と市内有志6名が集まり活動をスタートしました。

 皆でアイデアを出し合っているうちに、「誇るべき歴史」と「豊かで新鮮な野菜」を組み合わせたら南国市は元気になるのではないかと、いろいろ考えるうちに龍馬が食べられなかったシャモ鍋にたどり着きまして、「よし、これで南国市を元気にしよう」と、2009年7月に『ごめんシャモ研究会』を発足しました。

 とはいっても、シャモの飼育は一般の鶏に比べ非常に手間暇が掛かることもあって、あまり流通していませんでした。シャモを飼育する場所から模索しなければならない状況でしたが、高知県では、昔から庭先で鶏を飼っている文化がありました。「昔の土佐の風景を取り戻そう」と、まず南国市内の農家に協力してもらってシャモの飼育から始め、シャモの飼料にも農家から出る野菜屑や、飼料米などを配合し、『農家の庭先から始まる生産の循環システム』を目指し生産を開始しました。
 地元で育てたシャモと地元で取れた野菜をふんだんに使ったシャモ鍋は各種イベントで高評価を得、2010年1月には埼玉県和光市で開かれた「第六回 彩の国全国鍋合戦」(来場者約4万人)に初出場でみごと初優勝を勝ち取り「シャモ鍋」の名を県内外に広く浸透させることができました。

 また2010年10月からは南国市内の飲食店11店舗の協力をいただき『シャモ鍋社中』を結成することが出来ました。「この社中で提供する料理には南国市産の野菜を一品は入れるように」といった約束事を社中八策として決め、南国市に来ればシャモ料理が食べられるような事業展開を行ってきました。2011年には、15店舗(現在2012年には17店舗)のご協力を頂き、高知県内では、シャモといえば南国市だと、徐々に浸透してまいりました。「地産来消」を掲げ南国市に観光客に来てもらい、シャモ鍋を通じて南国市産野菜の消費拡大にも繋げていこうと考えております。
(シャモ鍋マップ2014年度版)
 2011年度から県産業振興計画の地域アクションプランに載せてもらい、ごめんケンカシャモのブランド化を目指しています。特に飼育環境やシャモに与える飼料とお米の配合などについて、畜産試験場や家畜保健衛生所、南国市さんの指導なども頂きながら、現在4戸の農家さんにシャモの飼育をお願いしています。

 ほかにも地元の高知農業高校さん、商工会、大学生らにもいろいろご協力を頂いており、産学官の連携のもと新たな町の誇りの創出に邁進しております。

うまくてごめん!ごめんシャモスキやきセット新発売!!
シャモ鍋セット 好評販売中!

ごめんシャモ鍋社中
加盟店舗の紹介
ケンカシャモの紹介
お問い合わせはこちら
FAXで簡単注文

カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • イベント

定休日・営業時間外でもご注文は受付中です(*^▽^*)イベント詳細はシャモ研ブログ・Facebookにて配信中☆是非ご覧くださいませ(*^▽^*)

シャモ研ブログ

ページトップへ